FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とっくにあけましておめでとうございます。
年末からまったく更新しておりません。
こっちのNPOの方では新年のあいさつなどしておりました。

nenga


んで、授業も開始されてあいもかわらずバタバタしております。

さて、年末に悩んでいた年賀状を出すかどうかなのですが、ギリギリまでひっぱって、結局はメール年賀をした方が濃い情報をお伝えできる人をのぞき、紙の方がつたわるだろうという方には↑を出しました。NPOの広報宣伝も兼ねて。でもけっこう削らせていただきました。

が、

年明けて、

悲鳴のように、

どんどんと年賀状が届きました。。。


みなさまありがとうございます。年賀状だけのおつきあいの方もいらっしゃいますが、やっぱり良いものですねえ。メールには無い「自筆」の良さを見直しました。

また、年賀メールも出せておりません。

ああ、

大変失礼しております。じっくりと「自筆」で、年賀状ではなくてハガキをだそうという戦略に変わっておりますので、いましばらくお返事をお待ちください。

※ちなみに、ゼミ生(教え子?)は、うーん、あんまり来ないですねえ。これはとても寂しいですなあ。何人かはきっちりアフリカからメールとかハガキが暑中見舞い等も含めて来ますけれど。音沙汰無いゼミ生はまったくですね。近況でも良いのでねぇ。。。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
暑中見舞いについて-日本の心-四季折々の風情を感じ... 暑中見舞い暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために出した手紙のこと。または、知人の家へ訪ねに行くこと。一年で最も暑いこの時期に、相手の健康を気遣うことである。寒中見舞いの逆にあたる。梅雨明けから立秋の間に送り、それ以降は残暑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。